通信制高校の卒業資格とは

《通信制高校》

通信制高校は主に単位を取得する、単位制をとっています。そのため、レポート・スクーリング・テストをこなし単位を取得しますので、毎日登校する必要はありません。そのため、レポートなどは家庭学習が主になりますので、自主性が必要となります。また、参加しなければいけないスクーリング・テストを把握するなど、管理能力も大切となります。
毎日通う必要がないですが、やることはある通信制高校に通う生徒たち。しっかりとしたサポートが必要となります。

《高校卒業資格について》

学校教育法の第1条で定められた全日制、定時制、通信制いずれかの高等学校を卒業した人に与えられる資格のことです。高等学校を卒業するためには下記の条件が必要です。

 ●在籍期間3年以上

高校の卒業資格を得るには、3年間以上の在籍期間が必要と、学校教育法で定められています。
なお、編入(高校中退して入学)や転入(転校)で通信制高校に入った場合は、前の学校での在籍期間も合わせることができます。

● 74単位以上の取得

3年間で74単位以上を取得している必要があります。
ただし、編入や転入での通信制高校入学の場合は、前の学校で取得した単位も計上することが出来ます。
単位は[レポート][スクーリング][テスト]を繰り返しながら取得をしていきます。

 ●特別活動30時間以上の参加

特別活動とは、地域清掃活動、史跡見学、講演会参加など学校行事のことを指します。
これらに3年間で30時間以上参加する必要があります。

上記の条件、在籍期間3年間、74単位取得、特別活動30時間…を満たせば高卒資格を取得できます。